一種証券外務員 参考書・問題集の一覧

最終更新日:2016/10/24

証券外務員一種の参考書と問題集の一覧です。
一種外務員試験の参考書を紹介します。二種試験で使った参考書が分かりすかったのであれば、同じシリーズを購入すればいいでしょう。二種と同じシリーズが発行されていない場合は、二種でコツをつかんでいると思うので、どの本を使っても問題ないでしょう。

このページでは、二種の参考書のページと同じく、東京八重洲ブックセンター・丸の内オアゾ丸善など、金融関連の人が多く立ち寄る書店で平積みになっている定番の参考書だけを掲載してあります。やはり定番の売れ筋が一番使いやすく、学習がはかどります。

値段は、どれも2000円台。

うかる! 証券外務員一種 必修テキスト(日経新聞出版) (2268円)

今1番、書店で見かける参考書です。解説と確認問題。
二種の参考書と同じく、ここ数年、一番、本屋で売られている参考書。日経新聞出版社が出している。小さい書店でも資格コーナーに行くとユーキャンの本と並んで平積みにされているのでご存知の方も多いと思います。とても分かりやすい本です。
初心者OK人気!別冊問題集はこちら

U-CANの証券外務員一種速習レッスン(2268円)

「うかる」シリーズと同じく、書店でよく見かける人気のシリーズです。
通信教育で有名なユーキャンの本。初心者向けのテキストを数多く出版しているユーキャンの本なので、初めての人にも分かりやすい構成になっています。実は、ユーキャンには、参考書と問題集とは別に「一問一答集」というのも売られています。どれを買ったらいいかわかりにくいのが困ったところですが、参考書といえばこの本になります。
初心者OK人気!別冊問題集はこちら

TAC「スッキリわかる証券外務員二種 」2376円

専門学校のノウハウ満載。問題集とあわせて一冊がいいならこの本
専門学校のTACから市販向けに出されている参考書です。専門学校の講師が作成していることもあり初心者向けに出題のツボがしっかり抑えられています。問題数が少ないと感じる人もいるようです。会社の模試などがある人はいいですが、学生で他に問題集を持っていない場合は、判断に迷うところ。
初心者OK問題集と合わせて一冊

証券外務員二種合格のためのバイブル(2376円)

経験者からよく薦められる良書。ついに新装版に。通称「バイブル」。
すでにFP資格を持っている人や有識者に評判の本です。二種のときにつかった参考書の「いかにも初心者向けっぽい説明ややさしい表現」にイラっと来たり、簡単すぎるだろ!と思った人はこの本を使うといいと思います。二種資格を持っている人なら、この本を読んで難しい、と思うことはないでしょう。9版まで改定された後、2014年に新装版になった息の長いベストセラーです。
人気!経済学部・FP保有者に人気!別冊問題集はこちら

みずほ証券「証券外務員 二種・一種対応学習テキスト」2415円

二種・一種の両方に対応。二種の範囲の復習もかねて勉強できる
みずほ証券リサーチの本。こちらも標準的な参考書。特徴は参照書は一種・二種あわせて一冊になっているところ。図表や丁寧な解説があり、キーワードを赤字で目立たせてあります。この本も息の長いベストセラーですが、みずほ証券の新入社員に研修用として配布されるんでしょうかね。問題集は一種と二種で別冊なので、一種受験者は一種のほうを購入のこと。一種の問題集はこれ
一種・二種両方!別冊問題集はこちら



このカテゴリの別の記事: 一種外務員試験